FastShadowReceiver/Projector/Multiply
FastShadowReceiver/Projector/Multiply Without Falloff

これらのシェーダーはStandard Assets (Projectors)に含まれている“Projector/Multiply Shadow”シェーダーに似ています。違いは、影の濃さを調節するためのプロパティ“Shadow Darkness”を持っていることです。

“FastShadowReceiver/Projector/Multiply”は“Projector/Multiply Shadow”と同じようにFallOffテクスチャを持ち、影の距離に応じて影を薄くすることができます(下の左図)。一方の“FastShadowReceiver/Projector/Multiply Without Falloff”はFallOffテクスチャを持ちません。そのため、このシェーダーの方が他のシェーダーに比べて高速ですが、遠いところにある影を薄くすることはできません(下の右図)。

screenshot-multiply screenshot_multiply_nofalloff

 

FastShadowReceiver/Projector/Multiply Diffuse
FastShadowReceiver/Projector/Multiply Diffuse Without Falloff

これらのシェーダーはディフューズライティングと同じように法線ベクトルの向きを考慮して影を描画します。そのため、影はよりリアルになり、オブジェクトの背面に影が描画されるという問題も回避することができます。

これらのシェーダーは法線ベクトルを使うので、MeshShadowReceiverを使っている場合は‘Has Normals’プロパティにチェックを入れるのを忘れないでください。

screenshot_multiply_diffuse screenshot-multiply_diffuse_nofalloff

 

FastShadowReceiver/Projector/Visualize Receiver

このシェーダーはデバッグ用のシェーダーで、Projectorから投影される影を受け取っているオブジェクトに色をつけて描画することができます。

screenshot_visualize

 

FastShadowReceiver/Projector/Light x Shadow

このシェーダーはライトを投影するのに使います。ライトに加えて影を投影することもできます。影を投影するにはLight Projector Shadow ReceiverコンポーネントをライトのProjectorオブジェクトに、Light Projector Shadow Casterを影の元になっているオブジェクトに追加する必要があります。
screenshot-lightxshadow

Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Anti Spam Code *