この GitHub のプロジェクトは Unity の Projector コンポーネントを Lightweight/Universal Render Pipeline でも使えるようにするための C# スクリプトとシェーダーファイルを提供します。

ブランチ

ブランチ名 検証済みの RP バージョン
master Lightweigt RP 6.9.0
master-universalrp Universal RP 7.1.7

インストール

Git をお使いの場合、リポジトリを Unity プロジェクトの Assets フォルダに clone (もしくは submodule add) してください。Git をお使いではない場合、Zip ファイルをダウンロードして、それを Assets フォルダに展開してください。
Lightweight RP: https://github.com/nyahoon-games/ProjectorForLWRP/tree/master
Universal RP: https://github.com/nyahoon-games/ProjectorForLWRP/tree/master-universalrp

セットアップ

まず始めに、ProjectorRendererFeature を Lightweight Render Pipeline に追加しておく必要があります。プロジェクトを LWRP のテンプレートから作成している (もしくは正しく LWRP が設定されている) ならば、Lightweight Render Pipeline アセットが Graphics Settings の Scriptable Render Pipeline Settings のところにセットされているはずです。

この Lightweight Render Pipeline アセットをダブルクリックして、Inspector View に表示します。

もしデフォルトの Forward Renderer を使っている場合、Renderer Type を Custom に変更し、Data フィールドの脇にある小さなボタンをクリックします。そして、ForwardRendererWithProjectorPass を選択してください(Universal RPではRender Typeフィールドがありません。デフォルトのRendererをForwardRendererWithProjectorPassに置き換えてください)。

もし既に独自の Forward Renderer を使っているのであれば、ProjectorRendererFeature を Forward Renderer Data に追加してください。

使い方

既にある Projector オブジェクト、もしくは空の GameObject に Projector For LWRP コンポーネントを追加します。

Projector コンポーネントは Projector For LWRP コンポーネントによって、自動的に無効化されますが(無効化されなくなりました**)、Projector コンポーネントのプロパティーは通常通りに正しく設定する必要があります。ひとつ通常と違うのは、Standard Assets に含まれている Projector 用のシェーダーは使えないということです。 Projector Foe LWRP のシェーダーを使うか、もし必要であれば、カスタムシェーダーを作成してください (詳細は下記参照)。Fast Shadow ReceiverDynamic Shadow Projector に含まれるシェーダーは近日中のバージョンアップで使えるようになる予定です。

**もし古いバージョンを使っていた場合、手動で既存の Projector コンポーネントを有効にする必要があります。さもないと Projector が表示されません。もし手動で有効にするのが大変な場合、ForwardRendererData アセットを Inspector ビューで開いて、そこに追加した ProjectorRendererFeature の Check Unity Projector Component Enabled のチェックを外してください。

場合によっては、Projector のプロパティーに加えて、下記の Projector For LWRP コンポーネントのプロパティーも設定する必要があるかもしれません。

Projector For LWRP コンポーネントのプロパティー

Rendering Layer Mask Renderer の renderingLayerMask プロパティがここで指定したレイヤのいずれかを含む場合にのみ、Renderer はこの Projector による投影を受け取ることができます。
Render Queue Lower/Upper Bound マテリアルの Render Queue の値がここで指定した範囲である場合にのみ、Renderer はこの Projector による投影を受け取ることができます。
Shader Tag List LightMode タグの値の配列を指定します。ここで指定した LightMode のパスを含むシェーダーが使われている Renderer のみが、この Projector による投影を受け取ることができます。シェーダーのパスが LightMode タグを持たない場合、その LightMode は SRPDefaultUnlit とみなされます。デフォルトは空の配列で、その場合は LightweightForward (もしくはUniversalForward) と SRPDefaultUnlit の2つのタグを使います。配列が空ではない場合は、デフォルトの値を上書きします(追加ではありません)。タグを追加するには、まず Size を増やしてください。
Render Pass Event Projector を描画するパスが挿入されるタイミングを選択します。Projector のマテリアルが持つ Render Queue の値は無視されることにご注意ください。
Per Object Data トランスフォームマトリクス以外で、Projector のマテリアルがオブジェクト毎のデータを必要とする場合は、それをここで指定します。
Use Stencil Test ステンシルテストを使うことで、パフォーマンスを向上させることができるかもしれません。まずは試してみて、効果があるかどうかみてみてください。もし、Fast Shadow Receiver と一緒に使っている場合はステンシルテストを使う必要はありません。

Projector 用のカスタムシェーダーを作成する

もし Projector 用のカスタムシェーダーを作成する必要がある場合は “Assets/ProjectorForLWRP/Shaders/P4LWRP.cginc” をインクルードして fsrTransformVertex 関数で頂点の座標変換やプロジェクションの UV を計算するようにしてください。また、シェーダーは FSR_PROJECTOR_FOR_LWRP キーワードをつけてコンパイルする必要があります。

SRP Batcher を有効にするには、CGPROGRAM の代わりに HLSLPROGRAM を使います。

サンプルコード:

Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Anti Spam Code *